一生に一度遭遇するかしないか

こんにちは、

村上牛100%ビーフカレーが有名な

新潟の老舗洋食店『ピーア軒』マネージャーの廣田です。

昨日は、ディナータイムに前の会社の同僚だったカップルが

プレミアムディナーコースを食べに来てくれました。

そして、閉店後、社長に東中通りのイタリアンの店へ

連れていってもらいました。

食べている時が、一番幸せを感じる僕としては

何を食べてもおいしくて、とっても幸せな気分になりました。

そして、23時前に店を出て、他のスタッフと別れ

家の方角が同じ社長を車でお送りするため

116を新大方面へ走っていると

小針十字路を過ぎ、しばらくしたところで

突然、前の車が、青信号にもかかわらず停車しました。

慌ててブレーキを踏み、なんとか止まりましが

最初は、何で止まったか解らずにいると

今度は、クラクションを長めに鳴らし始めました。

それを何度か繰り返していたので

ひょっとしたら、前の車の人酔っぱらってるのかな?

とっ思たら、今度は、何かを避けるように右へハンドルを切り

走り去って行きました。

すると、目の前に仰向けに倒れている女性を発見!!

なんだか理解できませんでしたが、

とりあえず、110番に連絡しパトカーを待つことにしました。

待っている時間は、おそらく7,8分だったと思いますが、

通りかかる車は、完全に僕が人を跳ねて立ち尽くしているように

見えていたはずです(-.-)

僕は、怖くて近寄ることができませんでしたが、

社長は、その間、倒れている人に声を掛けていました。

ゆっくりですが、しゃべることは出来るようで

遠巻きに聞いていると、睡眠薬を飲み道路で車に引かれるのを

待っていたようでした。

つまり、自殺志願者のようで・・・

なんと恐ろしい

もし、僕が先頭を走っていたら

注意散漫な僕は、社長とのトークに夢中になり

前方不注意で、確実に乗り上げていたと思います(^_^;)

それを考えると恐ろしくなりました。

逆に考えれば、そうならなかった僕は

やっぱり、運が良いとおもいました。

おまわりさんに事情を説明して家へ帰りましたが

もし、あのまま引いていたらと考えれば考えるほど

恐ろしくなり、こりゃ今夜は~寝られない~

なんて思いながら、アメトークを見ていると

10分もシナイうちに記憶が無くなっていました。

朝、目が覚めると、あの自殺志願者に対し

申し訳ないけど、怒りが込み上げて来ました。

自殺をしたいほど辛い気持ちになった事がないので

よくわかりませんが、

余程の事なのかもしれないけど

それにしても、自殺は最悪の行為だし

さらに、人の人生も巻沿いにしてしまうやり方は

言語道断です!!

昨夜は、幸せな気分から、最悪の気分へ物凄い急降下でした。


辛くなったら、とりあえずおいしいものを食べてから考え直せば

もう少し良い考えが浮かぶかもしれません。

おいしいものを食べたくなったら、東中通りの

じゃなくて、

白山浦のピーア軒へ




プロフィール

ピーア軒

Author:ピーア軒
新潟市白山浦にある洋食店「ピーア軒」です。
今年で創業94周年を迎えました。

ピーア軒の日々の出来事を楽しみながら書いていきます。
みなさん、ほっと一息ついて見てください♪

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR